明日、話したくなるリンパのお話 その2

むくみはリンパの流れと関係ない!?

前回に続いてリンパのお話しです。
リンパのイメージには「むくみ」もありますよね。リンパの流れが悪いとむくむ、などと語られることが多いようです。リンパの流れ・・・。ここでちょっと考えてみてください。リンパ管には心臓のようなポンプはついていません。ではリンパ液はどのように流れているのでしょうか?

正解は筋肉の動きによって押し流されている、です。ホースにたまった水を手で握って押し流すように、リンパ管の周りの筋肉の収縮、弛緩の動きによって少しずつ流れています。つまり、動かないと流れない(流れにくい)のがリンパ液なのです。

因みに血管も筋肉の動きの助けを借りて血液を流しています。特に脚の静脈がそれで、心臓の力だけでは重力に逆らって血液を上半身に上げることが難しいのです。脚を動かさずにいると静脈血が心臓に戻れず滞り、毛細血管の圧力を高め、先端からの液漏れが増え、その液も滞ってしまって・・・という悪循環が脚のむくみの主な原因になっています。

つまり、そもそもむくみの原因は運動不足による静脈血の滞留と言えるわけで、であれば、むくみの解消には静脈血を流すことが大事、ということになります。ということは、「リンパが流れないからむくむ。むくみやすいのはリンパの流れが悪いから」というのは事実の一面ではありますが、実は、「リンパ」を「静脈血」と言い換えたほうがより真実に近いと言えるのではないでしょうか。

リンパの仕事とむくみの仕組み

①リンパの仕事は漏れて迷子になった血液を血管に戻すことですが、戻す前には消毒が必要なので免疫細胞をたくさん抱えている。

②むくみの原因はリンパよりもむしろ静脈血の滞留が最初。解消方法は動くこと。動くことで静脈血もリンパ液も流れる。

これがリンパの正体です。

静脈血を流すには

というわけで静脈血を流すことが大事なわけですが、コロバニィシリーズには、Tシャツやリストバンドを使うと血流が約15%も向上するというエビデンスがあります。これらを着用して、できるだけ動く、というのがベストですね!

  
    コロバニィウエア着用時         コロバニィリストバンド着用時

※近年、リンパ管自体が収縮することでリンパ液の流れを補っていることが確認されつつありますが、主には筋肉の動きによって流れていると理解していただいてよいと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP